痛風(発作的に関節や足の指などに、激しい痛みが起こります)予防に効果的な食べ物とは、一体どのようなものなのでしょうか? 痛風予防にいい食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)は、以下のようなとなるでしょう。 ・野菜 ・イチゴ ・ブルーベリー ・サクランボ 野菜の中には、ビタミンやミネラル(五大栄養素の一つとされていて、年齢や性別によっても必要な量が違ってきます)が豊富に含まれており、尿酸値を下げる事が出来るでしょう。 どうして、野菜を食べると尿酸値が下がるのかというと、野菜を食べることで尿をアルカリ化できるからです。 その為に、ふるくから野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)は痛風(悪化すると、心臓障害や腎臓障害などが起こることもあります)予防に効果があるといわれています。 また、イチゴやブルーベリー、サクランボも尿酸値を下げる効果があるといわれているので、積極的に食べてください。 過剰摂取は体に良くないのですが、適度な量を食べることで、痛風のリスクを激減する事が出来ます。 ただ、このような痛風予防に良い食べ物を食べているからといって、必ずしも痛風(尿酸が増加し、排泄が上手く行われないことが原因だといわれています)にならないとは限りません。 食生活の栄養バランスが悪かったり、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を大量に摂取していたり、運動不足だと痛風になってしまうので、注意が必要になりますよねー